トップページ > 製品情報

製品情報Product information

日東ロゴ OSJ工法OPEN SHIELD JACKING METHOD

工法概要

  • OSJ工法は、施工重機をパイプライン上に配置して、最前部でバックホーにより掘削を行いながらOSJ機を推進させ、 同時に後方にて埋戻しを行う。この作業をくり返し、OSJ機のテール部に空間ができると、後方より基礎工とともに管渠を布設する。このように、本工法は掘削から埋戻しまでの一連の作業をくり返し、連続して行う開削管渠埋設工法(開削シールド工法)である。
OSJ工法

生活環境への影響の軽減・交通傷害の減少

  • 油圧機構の採用により、無振動・無騒音である。
  • 早期に埋戻しを行い、推進ジャッキによる水平方向への締固めを繰り返し行うため、均一で十分な締固めができ、周辺構造物への影響が少ない。
  • 掘削して直ちに埋戻しを行うため、作業区間が短く交通解放が早く行え、住民生活に及ぼす影響が極めて少ない。

安全性の向上

  • 開口部がOSJ機の部分だけなので、通行者や住民に対する安全性が高い。
  • 鋼製フレームに保護されたスペースでの作業により、作業者への安全性も十分である。

広い適応性

  • あらゆる土質条件に適用が可能である。
  • OSJ機の前後だけで作業を行うため、側方部への作業帯を必要とせず、狭いところでも施工できる。

大幅な工期の短縮

  • 掘削から埋戻し、締固めまでを連続して行う工法なので、日進量が従来工法の約2倍とスピーディな作業が可能である。

コストの低減

  • 施工延長が長くなればなるほどメリットは大きくなる。特に、玉石・礫地盤などでは施工延長に関係なくメリットは大きい。

ページトップへ戻る

工法

ボックスカルバート

L型擁壁

U型側溝

箱型側溝

自由勾配側溝

U型水路

防火水槽

雨水貯留槽

RCスラブ

環境

カスタムメイド